栃木県医師会塩原温泉病院-県北総合リハビリテーションセンター-

トップ > 病院案内 > 看護部

看護部

看護部理念

 思いやりのある病院を目指します。


回復期リハ病棟のケア10項目宣言への取り組み

  1. 食事は食堂やディルームに誘導し、経口摂取への取り組みを推進しよう
  2. 洗面は洗面所で朝夕、口腔ケアは毎食後実施しよう
  3. 排泄はトイレへ誘導し、オムツは極力使用しないようにしよう
  4. 入浴は週2回以上、必ず浴槽へ入れよう
  5. 日中は普段着で過ごし、更衣は朝夕実施しよう
  6. 二次的合併症を予防し、安全対策を徹底し、可能な限り抑制は止めよう
  7. 多職種と情報の共有化を推進しよう
  8. リハ技術を習得し看護ケアに生かそう
  9. 家族へのケアと介護指導を徹底しよう
  10. 看護計画を頻回に見直しリハ計画に反映しよう

看護計画評価

 毎朝計画評価を全員で行い、スタッフみんなで情報の共有や、計画修正・立案のアドバイスをしています。

リハビリカンファレンス

リハビリカンファレンス

 医師・リハビリスタッフ・看護師・介護士・ケースワーカーでカンファレンスを行い、共通の目標を設定しそれに向けた各部門各々のアプローチを検討します。


ケアカンファレンス

ケアカンファレンス

 更衣・歩行介助・排泄・洗面動作・食事動作などが向上するように介護福祉士が主体となって週に1度カンファレンスを行っています。


ベッド周囲の環境設定

ベッド周囲の環境設定

 患者様が安全にとることのできない動作の前の動作に着目しセンサーを選択し、転倒・転落を防止できるような、環境設定を検討しピクトグラムをベットサイドに表示、統一した環境設定を提供し、転倒転落が減少出来ています。


身体拘束をしないで患者様のペースに合わせて関わり、患者様のペースに合わせた行動の見守りをしています。


 以上の取り組みを積極的に行い、患者様の障害の回復・家族の介護負担軽減ができるように私達看護師・介護士は日々活動しています。

スタッフケア

教育

認定看護師から一言

 回復期リハビリテーション看護では、患者さんのより良い生活のために、看護を提供することで、急性期や維持期とは違う楽しさがあり、良くなっていく過程を患者さんと共有でき、看護する喜びを実感できます。

 治療で抑制されていた患者さんが、回復していき他の患者さんに気を配れるようになっていく過程や、経管栄養をしていてボーッとしていた患者さんが食べられ、歩けるようになるなどの実例が多くあり、看護師の関わりで回復を加速していける所が魅力です。

 また、当院では、研修サポート体制が整っており自己研鑚しやすい病院です。

診療時間のご案内

月曜日~金曜日

午前外来 9:00~12:00

午後外来 14:00~17:00

休診日

土日・祝

診療科一覧

ページのトップへ戻る