栃木県医師会塩原温泉病院-県北総合リハビリテーションセンター-

トップ > 病院案内 > 当院における研究活動のご案内

当院における研究活動のご案内

 私たちは、高度・先進的なリハビリテーションや、病棟でのアクティビティ向上を目指して組織的に研究に取り組んでいます。

臨床研究チーム(班)紹介


ニューロリハビリテーション研究チーム


ロボットスーツHAL®チーム
ロボットスーツHALチーム

 HAL(Hybrid AssistiveLimb)®とは、体に装着することによって、身体機能を補助・増幅・拡張することができる世界初のサイボーグ型ロボットです。

 人が筋肉を動かそうとしたとき、脳から運動ニューロンを介して筋肉に神経信号が伝わり、筋骨格系が動作しますが、その際に、微弱な生体電位信号が皮膚表面に漏れ出してきます。

 HAL®は、装着者の皮膚表面に貼り付けられたセンサでこの信号を読み取り、その信号を基にパワーユニットを制御して、装着者の筋肉の動きと一体的に関節を動かします。

 これによって動作支援が可能になります。

 当院では平成23年12月よりロボットスーツHAL®を導入しました(栃木県内では初)。

 HAL®研究班のメンバーを中心に臨床で利用しています。


電気刺激(IVES)研究チーム
電気刺激装置IVES(アイビス)

 IVES(随意運動介助型電気刺激装置:Integrated Volitional control ElectricalStimulator)を脳卒中片麻痺上肢/下肢を主な対象とした治療を行なっています。

 IVESの特徴として運動時の筋電を感知し信号電流の程度に応じて低周波電気刺激を出力し随意的な筋活動を促通訓練しています。

 随意的な上肢/下肢のコントロールを訓練することで脳神経回路の再構築が期待されます。

 近年は新たなリハビリとして有用性が報告されています。

 平成25年は30症例以上に治療を行ない研究活動も継続しています。


温泉研究チーム

 運動浴や足湯を使用した研究を行っています。

 第78回日本温泉気候物理学会総会にて「足湯内での足趾運動が身体バランスに与える影響」、「温泉運動浴でのストレッチがバランス能力に及ぼす即時的効果の検討」のテーマで発表しました。

 また、平成26年度の国際学会(ISMH)では
「Long-term Effects of Repeated Hot Spring Aquatic Exercise Combined with Physical Therapy on Muscle Strength and Endurance of Patients」、
「Long-term Effects of Repeated Hot Spring Aquatic Exercise Combined with Physical therapy on Balance Ability of Patients」
のテーマで発表しました。

 今後も運動浴、足湯を利用したリハビリテーションのエビデンスを積み重ね、塩原温泉病院オリジナルの運動療法を作りたいと思います。

平成26年度の国際学会(ISMH) 平成26年度の国際学会(ISMH)

回復期リハビリテーション・病棟研究チーム

 リハビリテーション場面の臨床に直結するものや当院の回復期病棟での取り組みを主なテーマとして設定し、研究を行なっています。

 主なテーマは「転倒転落事故報告書の書式検討」、「当院より自宅退院した患者の退院後の状況調査」、「余暇活動が身体動作に与える影響」、このほか、画面に触れて操作が出来るパソコンやタブレット端末を用いて、通常の検査が実施困難な患者の認知機能を評価するシステムや、嚥下調整食の評価や嚥下機能評価の研究や病棟での嚥下チームの活動にも取り組んでいます。

 今後も当院の回復期病棟での取り組みに客観的効果を見出し、リハビリテーションの質を向上させるためにも多職種で研究を進めていきます。


学会発表等活動報告

診療時間のご案内

月曜日~金曜日

午前外来 9:00~12:00

午後外来 14:00~17:00

休診日

土日・祝

診療科一覧

ページのトップへ戻る