栃木県医師会塩原温泉病院-県北総合リハビリテーションセンター-

トップ > 病院案内 > ニューロリハビリテーション

ニューロリハビリテーション

 当院では通常のリハビリテーションに加え、神経の回復を狙ったニューロリハビリテーションを積極的に実施しています。

適応疾患:脳卒中、脊髄損傷、脳性麻痺、神経難病、骨・関節・運動器疾患

ロボットスーツHAL(ハル)®

 人が運動する時に起こる生体信号を読み取り、動きを補助、増幅させることの出来る世界初の訓練機器。

HAL®を用いた歩行のリハビリテーション

ロボットスーツHAL(ハル)

 栃木県内で初めて、脳卒中や脊髄損傷等の神経疾患に対しHAL®.AN.自立支援用(単関節タイプ)を使用したリハビリテーションを実施しています。歩けなかった患者様が歩行できるようになった例もあります。


電気刺激装置IVES(アイビス)

電気刺激装置IVES(アイビス)

 低周波電気刺激で筋肉の収縮を促す電気刺激装置。弱くなった脳からの電気信号を増幅して、動かしたい筋肉を繰り返し動かすことで、神経伝達の回復を促します。(県内初)


干渉電流型低周波治療器 ジェントルスティム

干渉電流型低周波治療器 ジェントルスティム

 2 種類の中周波電気刺激を使用し、頚部の感覚神経の機能改善を促すことで、嚥下反射が起きやすくなることが期待されます。栃木県内で初めて当院が導入を開始しています。

診療時間のご案内

月曜日~金曜日

午前外来 9:00~12:00

午後外来 14:00~17:00

休診日

土日・祝

診療科一覧

ページのトップへ戻る